Japanese PDFs

クイック スタート ガイド:レポートの基本

Issue link: https://learn-umbrella.cisco.com/i/1100035

Contents of this Issue

Navigation

Page 45 of 57

クラウド サービス レポートにアクセスするには、[レポート(Reporting)] > [クラウド サービス(Cloud Services)] に移動します。クラウド サービスのリストは、下の例の ように表示されます。 クラウド サービス レポートは、ユーザのクラウド サービスへのアクセス時のふるま いに関する情報を取得します。そのようなレポートの情報を利用して、対応を行うこと ができます。また、Umbrella の「いつでも、どこでも、どんなデバイスでも」というアプ ローチにより、ユーザがネットワーク上に存在しない時でさえ、ユーザのクラウド サー ビスへのアクセスを把握できます。Umbrella では、電子メール、ファイル共有、 SaaS/IaaS/PaaS サービスなどの使用中のクラウド サービスが検出され、その使用 状況がレポートされます。 クラウド サービス レポートは、プロビジョニング済みのアイデンティティの既存のポリ シー設定など、Umbrella ダッシュボードの既存のデータを活用して、組織から特定 のクラウド サービスへの DNS トラフィックと照合し、ユーザのクラウド サービスの 使用状況を示します。レポートには、新しいサービスの導入傾向も含まれます。最初 の使用日や最終確認日などが含まれます。 クラウド サービスの内容と重要性 近年では、ほぼすべてのユーザが、業務上もしくは個人的な理由から、オンライン ス トレージ、Web ベースの電子メール、コラボレーション ツール、教育用のサイト、ソー シャル メディアなどを利用しています。このレポートにおける「クラウド サービス」とは、 数ある SaaS、IaaS、PaaS のすべて、つまり、現在利用可能な「クラウド」コンピュー ティング サービスを意味します。実際に、Umbrella 自体もクラウド サービスであり、 レポートにリストされます。リストには、30 を超えるクラウド サービスの分類がまとめ られており、個別のクラウド サービスが数百の単位で把握されています。

Articles in this issue

Links on this page

view archives of Japanese PDFs - クイック スタート ガイド:レポートの基本