Japanese PDFs

Nara City Board of Education Case Study

Issue link: https://learn-umbrella.cisco.com/i/1305532

Contents of this Issue

Navigation

Page 0 of 3

奈良市では文部科学省 GIGA スクール構想の「 1 人 1 台端末」「児童 生徒の自宅学習環境整備」の実現に向け、県とも強く連携した各種 ICT ツールや端末の共同調達などにより 2023 年度内の配備計画を 進めていました。そのさなか、 COVID-19 (新型コロナウイルス)感 染拡大が発生。前倒しで 2020 年度中の配備完了を目指す緊急対応 を迫られることとなり、新たな着想のセキュリティサービスとして Cisco Umbrella を採用しました。 全国一斉の小中学校の休業という緊急事態を受け、国から GIGA スクール構想に向けた整備を 一気に前倒しする方針転換が示されました。奈良市教育委員会事務局 教育部 学校教育課 課長 伊東幹子氏は、「 4 年かけてやる予定を 1 年で前倒しというのは異例かつ不安だらけでしたが、 子どもたちの学びの機会を奪うわけにはいきません。できることはすべてやろうという思いで、 費用面を含め市や関係各所と協議を重ね、総力を挙げて取り組みました。」と語ります。 学校教育課 情報教育係 係長の谷正友氏は、この間の経緯と課題を次のように話します。「 3 月 は突然の休業で、卒業式や年度末をどう迎えるかの対応に追われました。状況が刻々と変化し、 4 月の休業も余儀なくされる見通しとなった 3 月中旬に検討を本格化しますが、時間の猶予が ありません。奈良市では 4 月 6 日に登校日を設けており、この日に受け渡しが可能で利用開始 できるサービスを探しました。まずはオンラインを活用した学習支援が可能となるビデオ会議 サービスを導入。並行して家庭の端末と通信環境のアンケート調査を実施。公教育として不公 平を少しでも是正する配慮として市内 64 校に 40 台ずつ整備していたタブレット PC を貸し出 し機として使えるようメンテナンスを施し、 1,600 台のモバイル Wi-Fi ルータも確保しました。 次に課題となったのが、従来は学校ネットワーク側で担保していたセキュリティです。自宅から のインターネットアクセスにおけるセキュリティ対策も教育行政の使命であると捉えて、どんな支 援ができるかを模索しました。」 GIGA スクール構想、 1 人 1 台端末時代に即した セキュリティとして Cisco Umbrella を導入 シスコ セキュリティ ソリューション導入事例 奈良市教育委員会 ─奈良市教育委員会事務局 教育部 学校教育課 情報教育係 係長 谷 正友 氏 非常事態にも子どもたちの学びを止めず、 GIGA スクール構想実現へ の安全の備えとして、確かな手応えを感じています。 製品 & サービス 課題 ソリューション 結果~今後 ・ Cisco Umbrella ・ 緊急事態で GIGA スクール構想に向けた 整備の前倒しを決断 ・ 自宅からのインターネット接続のセキュリ ティ確保 ・ シンプルに安全性を高める DNS レイヤ のセキュリティを選択 ・ 教育機関向けのライセンスプログラムは コスト効果が高い ・ 1 人 1 台端末環境でも通信パフォーマン スを劣化させず本番運用も安心 ・ 年度内の 1 人 1 台端末配備完了に向け 取り組む ・ シスコのカスタマー エクスペリエンス チームとも連携 課題

Articles in this issue

view archives of Japanese PDFs - Nara City Board of Education Case Study